一覧に戻る

予防/セルフケア<ヨガのポーズ①

5回目の「予防/ケア」はヨガのポーズです。

 

都市部は緊急事態宣言で、運動不足が心配ですね。
まだ続く感染予防の生活。
緊張やストレスで免疫力も下がりがちです。

 

そして、春は「陽の気」がぐっと増えて

エネルギーが上に向かい舞い上がり、

頭痛やめまいが起きやすい時期。

新生活も始まる方も多く、心や身体が落ち着かず

「うつ気味」になったり、不眠になる方も。

 

春は中医学では主に「肝」の働きを養生します。
陰と陽のバランスを感じながらヨガポーズを。

 

 

木のポーズでバランス。陽の気を感じ深い呼吸をする

 

 

①安定した壁や椅子を使います。
足の裏を感じて、まっすぐ自分の軸を感じて立ち
少し遠くの床や壁、窓の外の景色など動かないものに目線を定める。

 

 

 

②椅子に手をおいてサポートにし

片足を持ち上げて反対足の内側にあてる。

不安ならつま先を床についた状態でOK!

 

③椅子と反対側の腕を、息を吸いながら横から上へ。

 

 

 

④腕をキープしたまま深呼吸 4~5呼吸キープ
※肋骨を開いて横隔膜をうごかす

 

吸う息で上がっていく陽気を感じながら、吐く息では力をぬく。
骨盤から下は下方向へ安定させ、上半身は上へ伸ばす
伸びていく木をイメージ(^^

 

⑤息を吐きながら腕をおろし、上げている足もおろす
目をつぶって呼吸や身体の様子(変化)を感じる

 

呼吸の深さや身体の心地よさはどうですか?

 

⑥反対側

安定してきたら支えている手を放してみても。

 

 

⑦左右終わったら両足で立ち、安心感・安定感や

身体と呼吸の広がりを感じましょう♪

 

 

日々のこんなことで?というくらい簡単なケアで

身体の痛みや疲れ、ストレスも軽減します。

 

すずらん健康館では、めまいや頭痛、呼吸を助けてくれたり、

不眠にもよい漢方もご紹介しています。

ぜひご相談ください^^

 

(健康運動指導士 市倉ゆりこ)

一覧に戻る