回り道を経て念願の薬剤師へ
人々が心地よく過ごせるお手伝いがしたい

薬剤師 大日向 禎子 ごあいさつ・プロフィール

ごあいさつ

はじめまして。

 

すずらん健康館 薬剤師の大日向 禎子です。

 

少し私の話をします。

プロフィールの隙間を埋めるような話ですが、よろしければお付き合い下さい。

 

私は家にあった置き薬や市販薬の効能書きを読むのが大好きな、少し変わった子でした。

しかし、高校に入って進路を決めるとき、薬や医療に興味はあったのですが、私が進んだのは薬学でも医療関係でもありませんでした。

 

普通の文系大学に入学して卒業し、最初の仕事は営業職でした。でも営業職には、見えないノルマに胃が痛むこともあり、あまり元気に働いた記憶がありません。

そんなある日、たまたま新聞の求人欄で漢方クリニックの事務員を募集していました。この時、ものすごくときめいたのを覚えています。やはり少しでも医療に携わりたかったのです。そこのクリックの院長は外科医だったのですが、あることをきっかけに漢方を猛勉強し、東洋医学を中心に取り入れて開業した人です。小さなクリックでしたが、全国から患者さんが訪ねて来ました。先生は気さくで、スタッフにも治療方針や方法をよく説明して下さいました。そこで病気と食事の関係、薬や道具は使い方なのだと教えてもらったのです。

 

しばらく勤めた頃に、結婚と出産を機に退職しましたが、その後もお世話になることがあり、院長とスタッフさんたちに刺激を受けた私は、そのクリニックの薬剤師さんの一言を機に薬学の道に挑むことを決めました。

ずいぶんと遠回りしましたが、結婚と出産後に、ようやく薬剤師を目指し始めたのです。

 

そこから数年かけて薬剤師になりました。薬剤師になってみると、知識が増えた分むしろ薬に対してずっと慎重になっていきました。健康に影響する仕事ですから患者さんから「安心したわ、ありがとう!」と言ってもらえるのが素直に嬉しかったのを覚えています。

 

それでは最後に、すずらん健康館で働くことになった理由をお話します。

薬剤師になってからというもの、調剤薬局での仕事経験は増えましたが、「病気や健康の相談」という相談業務は、それほど経験しません。

そんなある日、検索をしていて偶然、すずらん薬局のホームページにたどり着きました。そこの姉妹店で薬剤師を募集している情報を得た私は、少し迷いましたが勇気を出して応募したのです。程なく頂いたお電話で、応募の理由を聞かれ、ホームページの松井先生の考え方にとても惹かれるものがあった、とお伝えしたと思います。お会いした時の松井先生の話がとても分かりやすく、楽しい面接でした。

 

漢方は経験の蓄積といわれますが、現代ではかなり研究も進み、より科学的になってきました。情報を得て勉強する事も大切です。そして得られたことを分かりやすくお伝えすることがとても大切になって来ると私は思います。漢方も健康食品も納得して使って頂きたい。すずらん健康館ならそれを実現できると思ったのです。

 

私自身、色々な道をたどってここまで来ました。様々な心や環境の変化もありました。後悔も反省もたくさんあり、決して格好のつくものではありません。

でも、そのつまずきがあって今の自分がいるのも間違いありません。

 

すずらん健康館には健康食品をはじめ、食事や生活へのアドバイスが出来るスタッフが元気に働いています。今度はどうぞ皆様のお話をお聞かせ下さい。心よりお待ちしております。

 

 薬剤師

大日向 禎子

薬剤師プロフィール

社会人を経て昭和薬科大学を33歳で卒業

    同年 薬剤師免許取得

 

・保険調剤薬局に勤務、うち12年間は漢方主体の保険調剤薬局で働く