すずらん健康館の考え方

 

慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)は、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気をまとめて、COPDという病名になっています。

 

気管支が炎症を起こしたり、肺胞が破壊されて肺機能が低下します。
悪化するとせき・たん・息切れが強くなり、生活に支障をきたすようになります。

COPDの原因の90%以上は喫煙です。
たばこなどの刺激で気管支に炎症が起こり炎症が進むと、肺胞が破壊されてしまい、呼吸がしにくくなります。

 

すずらん健康館では、西洋医学の治療とは異なり

  • 気管支や肺に起こっている炎症を、身体に負担なく抑える
  • 弱くなっている粘膜を強くする
  • 肺の力を強める

という方法をご提案しています。

 

これらは、身体に負担がかかりません。

病院の薬とも併用できますし、今まで多くの方が改善なさっています。
どうぞ遠慮なくご相談ください。

 

それではCOPDについて、具体的にご説明します。

COPDとは

 

肺は、肺胞という部分で、二酸化炭素と酸素を交換してくれる重要な臓器です。

COPDの一番の原因は「喫煙」だということがわかっています。

たばこの煙に含まれる有害物質を長期間吸い込むことで、粘膜が過敏になり、肺に炎症が起こります。炎症がどんどん強くなり、肺胞の壁が破壊されて肺が異常に拡大するのが「肺気腫」です。
煙の通り道である気管支にも炎症が起こります。
炎症を繰り返している状態なので、「慢性気管支炎」という病名になります。気管支が炎症を繰り返すことによって、固く分厚くなり気管支の中に痰が詰まったり、咳が出たりします。

このように、肺と気管支の病気が複雑に絡んで病気が進行し、肺や気管支が正常な状態に戻らなくなる病気です。

西洋医学の治療

(1)禁煙 

気管支や肺に刺激を与える「たばこ」はやめる必要があります。
粘膜に炎症が起こさせる原因を取り除かないと、炎症は治まりません。
すずらん健康館でも、「禁煙」は必須事項としてお伝えしています。

(2)薬物療法

【気管支拡張薬】

COPDでは気管支が収縮し、呼吸が苦しくなります。
このため、気管支を拡げて呼吸を楽にする気管支拡張薬が薬物治療の中心となります。

 

  • 短時間作用性抗コリン薬および短時間作用性β2刺激薬

短時間型の薬は、呼吸困難などの発作時に使用する吸入薬です。

 

  • 長時間作用性抗コリン薬

COPD患者さんで、最も効果を示す気管支拡張薬と考えられています。
長期間使用しても、効果が弱まることがないとされています。
しかし、閉塞隅角緑内障の患者さんには使えません。
前立腺肥大症の患者さんでは、まれに排尿困難症状を悪化させることがあります。

 

  • 長時間作用性β2刺激薬

β2受容体を刺激することで気管支平滑筋に働き、気道を拡張します。
長期間使用しても、効果が減弱しないと言われています。吸入だけでなく、貼り薬もあります。

 

  • 長時間作用性抗コリン薬・β2刺激薬配合薬

長時間作用性の抗コリン薬とβ2刺激薬を配合した薬です。作用の仕方や効いている時間が違う薬を組み合わせることで、リスクが軽減され、より強力な気管支拡張効果が期待できると言われています。

 

  • メチルキサンチン(テオフィリン)

気管支拡張作用があります。副作用に嘔気や不整脈があることから、血中濃度を管理しながら使う薬です。

 

【喀痰調整薬】
「痰切」と言われる薬。COPDの増悪抑制と、QOL(生活の質)を改善できるという例があります。

 

【抗生物質(マクロライド)】

COPDの増悪を抑制することやQOL(生活の質)を向上させることが報告されています。

※喘息とCOPDを併発している方には、長時間作用性β2刺激薬とステロイドをあわせた吸入薬が使われます。

(3)呼吸リハビリテーション

呼吸リハビリテーションは、呼吸器の病気によって生じた障害の機能回復や維持を目的として行い、患者さんが自立できるように支援することです。
運動療法、セルフマネジメント教育、栄養療法、心理社会的サポートを行います。
呼吸困難をやわらげたり、運動能力をアップしたり、生活の質の改善については、薬物療法などの他の方法よりも有効とされています。呼吸リハビリテーションを薬物療法や酸素療法に加えることにより、単独治療よりも大きな効果が得られると考えられます。

(4)酸素療法

肺の機能が低下してしまうと普通の呼吸では十分に酸素を取り込めなくなり、
低酸素血症を起こしてしまいます。
こうなると、酸素を吸入する必要があります。
家庭で持続的に酸素を吸入する「在宅酸素療法」を取り入れることで、
患者さんの「生活の質」が上がり、生存率が高まります。
在宅酸素療法が適応になるためには、さまざまな条件があります。
災害時の対応なども、しっかり準備をしておく必要があります。

COPDでお悩みの方、ご相談ください

ご紹介しましたように、西洋医学の治療は「気管支を拡張して呼吸をラクにする」が目標です。これでは、炎症は抑えられず、病気が進行してしまいます。

 

すずらん健康館では、

  • 気管支や肺に起こっている炎症を、身体に負担なく抑える
  • 弱くなっている粘膜を強くする
  • 肺の力を強める

という方法をご提案しています。
現在の西洋医学の治療とは、全く違うアプローチです。

 

お勧めしている漢方はとても飲みやすく、簡単にお飲みになれます。
現在、お使いの薬とも併用できます。

 

「今よりも少しでも良くなりたい」「もしかして治らないかもしれない」とお考えの方、是非一度ご相談ください。

相談お申し込みフォーム

◆基本情報

お名前
ふりがな
年齢
性別
身長 cm
体重 kg
住所

メールアドレス
※携帯メールアドレス ([★@ezweb.ne.jp] [★@docomo.ne.jp] [★@softbank.ne.jp]など) をご利用の場合は、あらかじめPCメールの受信許可設定を行なって下さい。
電話番号
※もっとも連絡のつきやすい番号をご記入ください。
※携帯やPHSのお電話番号でも構いません。
FAX番号

 

◆問診票

お手数ですが、以下の項目のあてはまるものにチェック、または入力をしてください。
答えられる範囲で構いません。

今回ご相談なさりたい病気や症状
今まで何か大きな病気を
なさったことがありますか?

もしある場合は、その病名と時期を教えて下さい。
今あるつらい症状は
いつ頃からですか?
ヶ月前から
何か薬をお飲み(お使い)ですか?
もしもお飲み(お使い)の場合は、薬の名前、もしくは記号や番号、そして飲み方を教えて下さい。
具体的なご相談内容
舌の写真
※できれば、舌の苔を取ったりせず1時間以上何も食べたり飲んだりしていない状態で大きく出した舌の写真をメールに添付してお送り下さい。
漢方で舌診は大事な診断方法の一つで体の中の状態を判断するのにとても参考になります。