すずらん健康館の考え方

 

すずらん健康館では、

流産をくりかえさない」ために

・「低血糖・血糖値スパイク」の改善

・「低血圧」の改善

・栄養状態(気や血、タンパク質、鉄、ビタミンなど)の改善

・ホルモンバランスの改善

を、身体に負担なく行うことで、

「元気な母体」を作るお手伝いをしています。

 

聞き慣れない言葉ばかりかもしれません。

・なぜ、流産に「血糖値なんて関係するの?」

・「低血圧」?問題なのは「高血圧でしょう?」

などと感じられていることでしょう。

しかし、すずらん健康館では、たくさんのお客さまのご相談から、上記のことが、妊娠を継続していくにはとても重要であると認識しています。

 

では・・・なぜ、そうなのか、詳しく解説いたします。

 

当店には、不妊や流産で相談に来られる方が、たくさんいらっしゃいます。

その方々のお身体の状態を伺うと、血流とホルモンのバランスがとても悪くなっていることに気がつきます。

 

血流の悪化やホルモンバランスの乱れには、いろいろな原因があります。

冷えを招く食事や生活、環境、運動不足、ストレスなどがあげられます。

 

特に、当店に相談に来られる方で目立つのは、「低血糖・血糖値スパイク」「低血圧」の女性です。

詳しくは低血糖・血糖値スパイクのページをご覧ください

 

 

「低血糖」「低血圧」の女性は、妊娠しにくく、妊娠しても不育症になることがあります。

なぜなら、細胞のエネルギーとなる「血糖」が低すぎると、臓器を構成する細胞が働くことができないからです。

さらに、低血圧では、酸素や栄養素(糖分も含む)を乗せた血液を、身体のすみずみまで運ぶこともできません。

その結果、卵巣や子宮の働きも悪くなりますし、ホルモンバランスも崩れてしまいます。

子宮内の赤ちゃんを育むためには、「低血糖・血糖値スパイク」や「低血圧」は、改善しておく必要があります。

 

また、「低血糖・血糖値スパイク」を起こしやすい人は、栄養状態が悪い方も多いです。

 

この飽食の時代に「栄養状態が悪い?」とびっくりされるかもしれませんが、「低血糖・血糖値スパイク」を起こす方は、炭水化物が多い食事をされています。

そうすると、タンパク質・鉄分・ビタミンが不足します。

 

栄養が十分でないと、お腹の中で赤ちゃんを育てることもできません。

 

 特に、「貧血」は、不妊・流産に大きくかかわっています。

妊娠中は、お母さんと赤ちゃんの2倍の血液量が必要になります。

 

お腹の中の赤ちゃんは、猛スピードで細胞が増えていきます。

赤ちゃんの身体が作られている時に、栄養不足の状態になると、それぞれの器官に何か障害が起こる可能性もあります。

例えば、脳神経細胞を作るには「鉄」が必須です。

脳神経細胞が作られる時に「鉄」が不足すると、神経に障害ができる場合があるのです。

 

妊婦さんの半分が妊娠中に貧血になりやすいと言われています。

不妊・流産を防ぐためにも、妊娠前から、しっかり「鉄」を補充し、お母さんの身体に「鉄」が十分満ち足りた状態にしておくことがとても重要です。

栄養不足や貧血を決して甘く見てはいけません。

 

流産・不育症でお悩みの方、ぜひご相談下さい!

すずらん健康館では、流産をくりかえさないために

 

・低血糖・血糖値スパイクが起こっていないか

 

・低血圧はないか

 

・栄養状態(気や血、タンパク質、鉄、ビタミンなど)は大丈夫か

 

・ホルモンバランスの乱れはないか

 

などを、色々な情報をもとに判断し、適切な指導や対策を提案させていただいています。

 

原因がよくわからないと言われている流産不妊ですが、漢方を活用したり、食生活・生活習慣を変えることで、今度こそ、元気な赤ちゃんと対面しましょう!!

 

 お勧めしている漢方は、とても飲みやすく、簡単にお飲みになれます。

現在、お使いの薬とも併用できます。

  

「今の治療に行き詰まりを感じている」

 

「また、流産してしまうかもしれない」

 

とお考えの方、ぜひ、一度ご相談ください。

 

 ご相談はこちらから!

 

 

それでは、流産や不育症について、具体的にご説明いたします。

流産とは 

流産とは、『妊娠22週未満で、母親の胎内にいる赤ちゃんが何らかの原因で亡くなってしまい、妊娠が継続できなくなる』ことです。

 

せっかく赤ちゃんの授かったと喜んでいたのに、残念な結果になってしまい、悲しくつらい思いをされている方はとても多いです。

 

残念なことに、流産は、妊娠の10%15%にみられます。

 

流産の種類

 

種 類

            内  容

稽留(けいりゅう)流産

すでに、一度は子宮の中に胎嚢(赤ちゃんが入っている袋)が確認されたが、その後、胎児の成長や心拍が止まってしまっているのに、胎児が子宮内にとどまったままの状態のこと。

お母さんに、自覚症状がないことが多い。

反復流産 流産を2回以上繰り返すこと
習慣(性)流産

流産を3回以上繰り返すこと

不育症 流産や死産、早産を繰り返すこと

 

流産の原因

稽留(けいりゅう)流産、反復流産、習慣(性)流産、不育症の原因は、

 

・染色体異常

・子宮の異常

・内分泌の異常(様々なホルモンのバランスの異常)

・感染症

・自己免疫の異常(抗リン脂質抗体症候群)

 

などがありますが、50%70%は原因不明と言われています。

 

それは、不妊症でも全く同じです。

不妊症に悩む方の約8割が病院では「特別、何の異常もない」と言われています。

 

相談お申し込みフォーム

◆基本情報

お名前
ふりがな
年齢
性別
身長 cm
体重 kg
住所

メールアドレス
※携帯メールアドレス ([★@ezweb.ne.jp] [★@docomo.ne.jp] [★@softbank.ne.jp]など) をご利用の場合は、あらかじめPCメールの受信許可設定を行なって下さい。
電話番号
※もっとも連絡のつきやすい番号をご記入ください。
※携帯やPHSのお電話番号でも構いません。
FAX番号

 

◆問診票

お手数ですが、以下の項目のあてはまるものにチェック、または入力をしてください。
答えられる範囲で構いません。

今回ご相談なさりたい病気や症状
今まで何か大きな病気を
なさったことがありますか?

もしある場合は、その病名と時期を教えて下さい。
今あるつらい症状は
いつ頃からですか?
ヶ月前から
何か薬をお飲み(お使い)ですか?
もしもお飲み(お使い)の場合は、薬の名前、もしくは記号や番号、そして飲み方を教えて下さい。
具体的なご相談内容
舌の写真
※できれば、舌の苔を取ったりせず1時間以上何も食べたり飲んだりしていない状態で大きく出した舌の写真をメールに添付してお送り下さい。
漢方で舌診は大事な診断方法の一つで体の中の状態を判断するのにとても参考になります。