アレルギー性鼻炎

 

アレルギー性鼻炎は、鼻の粘膜で起こるアレルギー反応です。

体に入ってきた特定の物質(抗原)を異物と判断した時、それを無害化して身を守ろうとする反応が過剰に起こり、その結果、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が現れる病気です。

 

アレルギー性鼻炎には、「通年性」と「季節性(花粉症)」の2種類があります。

アレルギー反応やでる症状は同じですが、抗原の種類がちがいます。

「通年性」の抗原は、ハウスダスト・食べ物(卵・牛乳・そばなど)・ダニなど季節を問わないものです。「季節性」の抗原は、スギ・ヒノキ・ブタクサなど季節ごとの植物の花粉です。いわゆる“花粉症”です。

ただ、最初は季節性であっても粘膜がどんどん過敏になると、やがて通年性になることがあります。また通年性の人は、当然花粉症になることが多いです。

 

鼻には元々、「加温」「加湿」「防塵」という三つの働きがあります。

これが鼻の防御作用となっているのですが、アレルギー性鼻炎の場合はこの防御作用が働きすぎてしまっている状態です。

アレルギー性鼻炎の代表的な症状として、くしゃみ・鼻水・鼻づまりがあります。

そのほかにも、これらの症状が続くことで頭痛・頭がボーっとする・食欲がなくなる・のどや目の痒みなど症状がともなっていくこともあり、倦怠感や意欲の低下にもつながります。そのため、アレルギー性鼻炎は、命に関わるような症状が現れることは少ないですが、生活の質が下がってしまいます。

 

《西洋医学》

・鼻水、くしゃみの軽減に抗ヒスタミン薬:

                     クラリチン ザイザル アレグラ ディレグラ タリオン アレロック など

・鼻づまり、気管の炎症の軽減に抗ロイコトリエン薬:

                      オノン シングレア キプレス など

・外用薬:
                     点鼻薬:ナゾネックス アラミスト フルナーゼ エリザス トーク など
                     点眼薬:リザベン パタノール アレジオン フルメトロン など

 

眠気が出やすく集中力の低下を招きやすい薬もあります。

これらの薬は根本的に病気を治すものではなく、アレルギー反応の原因となる化学物

質(ヒスタミンやロイコトリエンなど)を抑え、あくまでもその時だけ症状を軽減する対症療法です。

 

《東洋医学》

アレルギー性鼻炎は、粘膜が弱って過敏に反応しておこる“粘膜病”の一つと考えます。鼻や目などの粘膜が過敏になっていると、ハウスダストや花粉などの異物が粘膜に触れた時に過剰反応を起こします。その結果、くしゃみや鼻水などの症状が現れます。

 

そこで、私は、体質改善として粘膜を強くし過敏に反応しないようにすることが、根本治療となると思います。そうすれば、改善していくはずです。

 

日常生活では、抗原との接触をできるだけ避けてください。掃除をこまめにし、部屋の通気をよくすること、また湿度や室温の管理も大切です。

帰宅時には、衣類などについてしまった花粉などの抗原を落とすことや手洗い、うがい、洗顔などを徹底し、抗原の侵入を防ぐことも大切です。

 

また、アレルギー性鼻炎の症状が出ているときには、特に休養を取り、リラックスして過ごしてください。

 

アレルギー性鼻炎(花粉症)でお困りの方は、一度ご相談ください。

飲みやすい、錠剤やカプセルです。もちろん眠気などはありません。